アルゴリズム入門 木2 クラスのページ

担当: 地引/TA:


<< 本講義が目指すもの >>

 本講義では、プログラムの作成を通じて、 情報科学/計算機科学の基礎 (特にアルゴリズム) を学びます。 本講義で取り上げるアルゴリズムとは、処理の手順について、曖昧さを排除した 厳密な表現 (これを数学的 or 形式的表現と呼ぶことにします) により 記述したものを意味し、その探求を通じて下記に挙げる能力の習得を目指します。

・ 出来事の一連の流れを形式的に記述できる。
・ 出来事を論理的に説明できるようになる。
・ 自分の考えを論理的に説明できるようになる。

<< 講義内容 >>

 本講義では、以下の各テーマについて講義を行なう予定です。

プログラムの基本概念

- 変数/演算/代入/数値表現
- 基本的な制御構造 (条件分岐/繰り返し)
- データ型とデータ構造

様々なアルゴリズム

- シミュレーション (セル・オートマトン)
- ランダム アルゴリズム
- 方程式の数値解法
- データ解析/分類
- 整列アルゴリズム
- 動的計画法 (部分問題から全体問題への拡張)
- パターン認識

 本ホーム ページは、主に通知/復習用として、講義で利用した資料の掲示や情報伝達のために利用します。講義でよくわからなかった点や課題の確認などに利用して下さい。

    Google Colaboratoryについて:
     Pythonプログラムを作成/実行する環境として、情報端末の種類に影響されないクラウド環境であるGoogle Colaboratoryがあります。
     以下に、Google Colaboratoryの基本的な使い方を紹介しておきます。
  1. Google Colaboratoryの利用
     Google Colaboratoryを利用するに際し、ECCSとの関係や作成したプログラム ファイルの管理など基本的な事項を説明した資料です(田中哲朗先生作成)。
     本資料内には、Jupyter Notebookの基本的な使い方を説明したページへのリンクもあります。
  2. Google Colaboratoryでのプログラミング
     Google Colaboratory上で、下記の概要を説明する資料です。
      1) Pythonプログラムを作成する方法
      2) プログラムを実行/デバッグする方法
      3) プログラム ファイルを保存/読み込む方法
  3. Google Colaboratoryへのログイン
     ここからGoogle Colaboratoryへログインできます。

    本講義関連:
  4. Pythonによるプログラミングの初歩的な解説
     本講義のPythonによるプログラミングを始める前に、まずは目を通しておいて下さい。
  5. アルゴリズム入門のページ
  6. アルゴリズム入門共通資料
  7. PLAGS-UTシステム ガイダンス (PLAGS-UTの登録/利用方法が説明されています)
  8. PLAGS-UTへのログイン
  9. ECCS FAQ

    Python関連:
  10. Python公式サイト
  11. Python公式文書の日本語訳
  12. Pythonコーディング規約の日本語訳
  13. Anaconda公式サイト
     インストール パッケージは、"Products" → "Individual Edition"よりダウンロード