全学自由研究ゼミナール「電磁気学で使う数学」

2006年度 冬学期 終了しました

担当教員 清野和彦

このページについて、及びプリントの内容についてお気づきのことがありましたら 清野(nkiyonoアットマークmail.ecc.u-tokyo.ac.jp)まで ご連絡頂ければ幸いです。

更新終了



このゼミの内容とプリント

DVI file PDF file ページ数 内容
第12回
1月23日
79 KB
dvi
116 KB
pdf
21 ストークスの定理。マックスウェル方程式。
第11回
1月16日
128 KB
dvi
138 KB
pdf
25 回転ベクトル場。「座標に依らない」という言葉の意味。
第10回
12月19日
56 KB
dvi
84 KB
pdf
12 発散スカラー場とガウスの発散定理。
第9回
12月12日
134 KB
dvi
162 KB
pdf
26 場の微分の概要。勾配ベクトル場と線積分。ポテンシャル。
第8回
12月5日
85 KB
dvi
124 KB
pdf
14 ベクトル場の面積分。
39 KB
dvi
66 KB
pdf
3+8 ベクトル場の線積分と面積分の計算問題と解答(3問ずつ)。
第7回
11月21日
140 KB
dvi
173 KB
pdf
18 一般の変数変換に対する重積分の変数変換公式。スカラー場の面積分。
第6回
11月14日
87 KB
dvi
110 KB
pdf
12 極座標変換と一次変換に対する重積分の変数変換公式。
第5回
11月7日
123 KB
dvi
149 KB
pdf
18 ベクトル場の線積分のまとめ。スカラー場(2変数関数および3変数関数)の重積分。
第4回
10月31日
69 KB
dvi
86 KB
pdf
9 スカラー場の線積分(続き)。ベクトル場の線積分。
第3回
10月24日
43 KB
dvi
61 KB
pdf
5 場の積分の概要(ベクトル場とスカラー場の復習を含む)。スカラー場の線積分。
第2回
10月17日
48 KB
dvi
75 KB
pdf
10 ベクトルとスカラー。スカラー積とベクトル積。ベクトル場とスカラー場
第1回
10月10日
20 KB
dvi
45 KB
pdf
5 このゼミの概要。