1.4. makeの操作方法/using make

makeは、Makefileという名前のファイルに書かれた手順に従って、 プログラムのソースコードをコンパイルして、実行形式ファイルを 作成するコマンドラインのプログラムです。

Makefileの書き方については☆☆を参照してください。

1.4.1. ターゲットをビルドする/building a target

Makefileの中で最初に書かれているターゲットをビルドする:

Build the first target that appears in the Makefile:

$ make

標準の名前の”Makefile”のかわりに、”Makefile.linux”というファイルを入力としてビルドする:

Instead of the standard named “Makefile”, use a file named “Makefile.linux” to build:

$ make -f Makefile.linux

1.4.1.1. ターゲットを指定してビルドする/build a named target

“solver” という名前のターゲットをビルドする:

Build a target named “solver”:

$ make solver

1.4.1.2. make変数に値を設定してビルドする/Assign value to a make variable

Makefile内の変数 PRINT_LOG_LEVEL に “2” を代入してビルド:

Assign the value “2” to a variable “PRINT_LOG_LEVEL” in the Makefile and build:

$ make PRINT_LOG_LEVEL=2