Configuration

EmacsとLaTeXの連携 (ECCS)

教育用計算機センターECCSのiMac端末に EmacsとLaTeXは,すでにインストールされていて使うことができます. Emacs org-mode とLaTeXの連携の設定のみ必要です.

以下 M-xAlt キーを押し続けたままxを押して放す表記です.

  • Emacsで 拡張子 org のファイルを開いた後, M-x customize-variable Return org-preview-latex-process-alist Return として下記のスクリーンショットのように設定画面を表示します
  • latex-compilerの欄を探し latex の前に /Library/TeX/texbin/を入力して, /Library/TeX/texbin/latex となるようにします
  • image-converterも同様に,dvipng の前に同じ文字列を追加します
  • 最後に設定画面の下部の State をマウスでクリックして Save for Future Sessions を選択することで,設定を保存します

LaTeXに慣れている人は,よく使う設定を追加すると便利です

  • 利用パッケージの指定(\usepackage{}相当):
    • M-x customize-variable Return org-latex-default-packages-alist Return
    • 筆者は,mathtools, physics, bm, setなどを入れています
  • LaTeXマクロの定義:
    • M-x customize-variable Return org-format-latex-header Return

自分のPCへのインストール

Mac OS

  • homebrewを入れて,ターミナルに brew install --cask emacs とタイプして Emacsをインストール
    • (todo)手順の画像
  • MacTeX から LaTeX をインストール

    注意: ネットワークと時間に余裕のあるときに行う. 2時間とかかかるかも (細かく設定をすれば回避可能だがここでは割愛)

  • 連携の設定: ECCS同様に行うと良いと思われる

Microsoft Windows

Ubuntu or WSL

  • apt install emacs
  • apt install texlive-lang-japanese texlive-science とか適当に