これはちょっと上級のサンプルです.

赤(red)
橙(orangered)
黄(yellow)
緑(green)
青(blue)
藍(navy)
紫(purple)

色の指定方法を変えてみた例です。見た目には分かりませんね。
赤(#FF0000)
橙(#FF4500)
黄(#FFFF00)
緑(#008000)
青(#0000FF)
藍(#000080)
紫(#800080)
本当の緑(#00FF00)

フォントのスタイルを変えるには、以下のようにします。
これはsmallサイズ.
これはbigサイズ.
少し小さめ
太字(bold)
普通のサイズの文字をイタリック(italic)にしようとした例 0123 abc

次の例は、サイズを4にして、赤い文字をボールド体で表示しようとした例
太字(bold) abc 0123456789
英数字にしかボールドやイタリックは効かないみたいですね。

表示位置を指定すると、以下のようになります。ウィンドウの大きさを変えて変化を見てみましょう。

左揃え

右揃え

中央揃え

タグで囲まれた部分にタグの影響が及ぶので、文字列の代わりに絵のデータを書けば、絵が指定された場所に表示されるようになります。
おさかな


表を表示することもできます。

壁紙職人 壁紙サイト
HTMLクイックリファレンス HTMLに関する情報