「情報技術と社会」調査とレポート

目標

「情報技術と社会」に関するテーマに関してウェブで状況を調査し、Wordを利用して 「情報技術の発達に伴う課題への提言」リポートを作成する

テーマ選択

以下のテーマ例から自分が最も興味のあるものを選択(教科書に関連記事があるものは節番号を表示、ない場合はヒントを表示)
テーマ名教科書の関連節もしくはヒント
1. ディジタルコンテンツと著作権10.3.1
2. ビッグデータの商用利用とプライバシー10.3.2, 2.3.1
3. 国家安全保障と個人情報保護10.3.2-(e)
4. ソフトウェアと法的責任10.3.3, 2.5.2
5. サイバー犯罪と対策10.3.4, 2.5.3
6. インターネットの普及と政治への影響10.4.1
7. ディジタル・デバイド10.4.1
8. SNSの功罪10.4.2
9. 人工知能の発達と社会的影響10.5, 2.3.2
10. 仮想通貨仮想通貨が社会・経済体制に与える影響は?
11. 情報インフラの寡占検索エンジン・SNS等の大規模情報インフラの運営が寡占状態となっている影響は?
12. サイバー攻撃と国際法サイバー攻撃の国際法上の取り扱いは?
13. 上記以外自分で適切なテーマ名を付けること

レポート作成

概要

  1. 選択したテーマについて、ウェブで調査して、「現状」を整理して記述すること
  2. 「現状」から「現在の、もしくは、今後予測される課題」を挙げること
  3. 「課題」の解決策として自分なりの「提言」を考えて記述すること
  4. 「参考サイト」として、参考としたウェブページのURLのリストを記載すること
  5. 以上の「現状」「課題」「提言」「参考サイト」をまとめてレポートを作成すること

レポートの形式について

参考サイトについて

評価基準について

1000-1500字程度で「現状」「課題」「提言」「参考サイト」が揃ったレポートを標準とし、更に以下の三点の基準について、特に優れている場合には加点を行う
  1. 分かりやすさ(構成が整理されているか、論点が見やすいか、レイアウトは適切か、等)
  2. 現状の調査および課題設定の適切性(十分な現状調査がなされているか、課題は現状から論理的に引き出されているか、等)
  3. 提言の独自性と説得力(独創的な提言がなされているか、提言に説得力を持たせるような論理が展開されているか、等)

提出・締切について

その他の注意点