(農業)情報工学・課題 (2020/10/15)

エクセルの応用

今回の課題は、エクセルを使って、実際のデータを対象にした処理を行ってみる。
  1. ソーティングと抽出
    データ:不動産情報(小田急線・京王線沿線)
  2. エクセルのVlookupを用いたデータ編集
    データ:コメの品種・食味ランキング・価格
エクセルの少し進んだ使い方をマスターしてほしい。

ソーティングとフィルタリング(抽出)

ソーティングとは並べ替えの事である。エクセルにはソート機能とフィルタ機能があるので、まずその機能を学習する。
サンプルデータとして不動産情報を用いたので、次の操作をしてみよう。
  1. 賃料でソートする。(賃料の列に移動し、A->Zアイコンをクリック)
    元に戻すのは、物件番号でソート。(または、[元に戻る」ボタン)
  2. 築年月の新しい順番にクリック。(ソートアイコンのZ->Aをクリック)
  3. 複数の条件でソーティングする。「データ」メニューから「並べ替え」を選び、条件を複数指定する。
    例:最寄り駅で並べ替え、条件を追加し、駅徒歩で並べ替えてみよう。
  4. フィルタを有効にする。(漏斗アイコンのクリック、又は、「データ」メニューの「フィルタ」をクリック)
  5. 行見出しで、いろいろと試して見る。
    金額の欄では、○○以上、○○以下。などの表示が可能である。また、フィルタのクリアをすると、全数表示できる。
  6. 沿線を「京王線」にして、賃料が8万円台の物件を表示する。
    賃料8万円台とは、8万円以上9万円未満である。
  7. 駅からの徒歩10分未満で、賃料と管理費を合計して8万円未満の物件を捜してみよう。
    管理費の右側に「月額」という列を挿入する。そして月額の欄では、賃料+管理費を計算する。フィルタはその月額に対して実施する。
【ブレイクアウトルームの実験:5分】
【課題】 平成30年度産のコメに関する、次の3つのエクセルのワークシートがある。 このうち、01のワークシートを加工して、次のようにせよ。(やり方は各人にまかせる) なお、食味ランキングは、都道府県が細分されている場合があるが、01のワークシートで産地が分割されていない場合には、その都道府県産のものはすべて特Aとして扱うことにする。 また、この表の中身を吟味して、米の銘柄、価格、ランキングに関して、自分なりの分析を加えよ。また、分析の結果、得られた知見(エビデンス)を述べ、それに対する、自分なりの意見や感想を書き込むこと。ワークシート内にテキストボックスで書き込むと良い。 【例】ランキング1位のコシヒカリについて、産地ごとの価格ランキングを出す。
得られた知見:「新潟魚沼産の価格は他の産地より○○%高かった。」
意見・感想:「新潟では、他の銘柄米を入手するのは難しいかもしれない。粘り多い米でチャーハンを作るのは大変そうだ。」
【課題の実施に当たって】 健闘を祈る。
【参考】
  1. 様々なグラフの作成
  2. ピボットテーブルの利用
  3. グループ化と3D集計と統合
  4. マクロの実例