全学体験ゼミナール「囲碁で養う考える力」

履修許可者一覧(2016年Aセメスター)
履修許可者の学生証番号は以下の通りです。 履修登録は必ず期限までに各自で行ってください。
510211H 520165E 530270G 560027F 610041F
610122J 610177J 610188D 610350C 620038I
620040F 620050G 620158D 620245G 620278I
630052F 630167E 630361C 640173G 640296A
640300G 640342G 640484J 640517E 640567J
640599I 640693D 640794J 640799E 640930H
641013I 641020A 641034D 641104D 650157J
650311D 650401F 650404E 650468C 660008H
教科書: 石倉昇・梅沢由香里・黒瀧正憲・兵頭俊夫著「東大教養囲碁講座-ゼロからわかりやすく」(光文社新書)を必ず持参すること。
教室: 21 KOMCEE 5階 K501

授業の目的
囲碁は,古い歴史を持つ日本の伝統文化であるばかりでなく,国際的にも広く普及し親しまれている頭脳のスポーツです.本ゼミナールでは,囲碁のルールを学び,お互いの実戦を通じて,判断力,分析力,洞察力,集中力などを養います.指導に際しては日本棋院の全面的な協力を得て,囲碁は初めての人を対象として,基本のルールから教えます.
初回にガイダンスを行い,希望者が多い場合は,第1回目のガイダンスの際に書いて提出してもらう作文によって,履修者を未経験者の中から決定します.

基本情報
曜限 
金曜5限(16:50-18:35)
対象クラス 
1年 文科 理科 2年 文科 理科
教室 
21 KOMCEE 5階 K501(ガイダンスはKOMCEE West レクチャーホールで行う

講師・担当教員

講師

担当教員

2名の学生(東大囲碁部員)が授業補助者として加わっています.

授業計画
日本棋院のプロ棋士(石倉昇九段・黒滝正憲八段・吉原由香里六段)が直接ルールや技術の解説をします.
ルールを6路盤(正規の碁盤である19路盤より小さな練習用碁盤)で学び,実戦を9路盤(同)および19路盤で行います.
第1回   ガイダンス 
第2回   ルールの解説(1) 
第3回   ルールの解説(2) 
第4回    
 ↓    技術の解説と実戦 
 ↓    日本棋院の見学など 
第13回 まとめ

履修について

履修上の注意

囲碁のルールを知らないか、本で読んで知っている程度の学生が対象となります.

定員

教室,設備(碁盤等)の制約のため定員は40名となっています.第1回のガイダンスで 書いてもらう作文を講師,担当教員で読んで受講者を決定します.選考の際に考慮 されるのは,以下のような点です. 欠員が出ても追加募集はおこないません.

成績評価方法

授業への参加度合いをもとに合否を判定します.
教科書・参考書

教科書

参考書


関連リンク

Akimasa Morihata. September, 2016