This is Kuno's Home at U-Tokyo

(2016年度久野クラスのページも見てください)

はじめに --- なぜ「アルゴリズム入門」選択を薦めるか

こんにちは、久野です。「アルゴリズム入門(水曜2限)」を担当します。

この科目の目標は「アルゴリズムの基本概念や、アルゴリズムを作る ための考え方を、プログラミングを通して習得すること」となっていま す。つまり、「アルゴリズム」と「プログラミング」を並行して学ぶこ とになります。実はこれはとても良いことです。というのは、プログラ ミングをきちんと学ぶことによって、コンピュータの(正確にはソフトウェ アの)動作がどのようなものであるか、大体分かるようになります。

世の中の多くの人は、「特定のソフトウェアの機能や操作方法」を個別 に学びますが、それだと別のソフトウェアに対面した時や、悪くすると 同じソフトウェアの新バージョンに対面した時に、これまでの知識が通 用しないことになります。

これに対し、プログラミングから学ぶことによって、ソフトウェアに 対するより一般的な「古くならない」理解力がつき、初めてのソフトウェ アでも「だいたいこうだろう」という感覚で操作できるようになります。 ウソみたいだと思うかも知れませんが、情報系を専門としてきた人間は 実際にそうなのです。一般教養でもこの方法を活かさない手はありませ ん。ちなみに、「アルゴリズム」の側の知識も原理的なものであり、や はり古くはなりませんし、ソフトウェアのことがさらによく分かるよう になります。

ただし、プログラミングをきちんとマスターするには、それなりに集中 して学ぶ必要があります。今週の講義/演習をやって、それから1週間ほっ ておいて、翌週忘れたころに続きをやる、というのでは駄目なのです。 このため、本クラスでは次の方法を取ります。

出席点(内実はレポート点ですが、明白な不備がない限り満点)は、各課 題ごとにつけますので、前半だけで7割以上の出席点となります。他科目 のレポートや試験で忙しい時期に負担が軽くなるので悪くない話だと思 いますがどうでしょうか。

なお、「アルゴリズム入門」では全クラス共通の試験を行うので、本 クラスも試験なしにはできませんが、本クラスでは配点を出席点:試験点 で50:50としますので、それなりにやれば大丈夫のはずです。

本科目は必修ではないので、「パス」する学生さんが例年多いのです が、選択した学生さんからは例年ほぼ100%「選択してよかった」、(未経 験者の場合)「コンピュータに対する見かたが全く変わった」旨の感想を 頂いています。「プログラミングなんて自分には不要だし関係ない」と いう誤解が多いのですが、そうではないことは冒頭で述べた通りです。 そういうわけで、ぜひ本クラスを選択して、「アルゴリズム」と「プロ グラミング」をマスターされることを、お勧めします。