廣野喜幸の講義用WWWページ(初年次ゼミナール)    

 2017年度 Sセメスタ− 初年次ゼミナール(担当;廣野) 


 

 いいレポートはどれか 

  こちら からどうぞ。


 

 発言点 

本講義で私は問いかけ形式の発話を多くします。みなさんの積極的参加、双方向性のある講義を目指しているからです。しかし、問いかけ形式の中には、みなさんの自問自答を促すのが狙いで実際に答えて貰うことを意図していないものも多くあります。一方、の問いかけもあります。それに講義中に解答した場合、正解であろうとそうではなかろうと、申請すれば発言点という形式で平常点を取得できます。これは自動的に与えられるものではなく、申請してはじめて取得できるものです。申請時期は、成績を私が事務に提出した後では意味がありませんが、適宜受け付けています。なお、対象はある回の講義であり、同一講義中の発言回数は関係ありません(Nが1以上に対して、同じ評価が与えられる)。申請は以下からして下さい。


ホームページに戻る