講義用WWWサーバのご案内

はじめに

講義用WWWサーバは講義のWWW資料を公開するためのWWWサーバです.現在は駒場の情報棟や本郷のセンターの演習室でおこなわれる講義が多数を占めますが,それ以外の講義も受け付けています.

学生が研究室や自宅から参照することも考慮して,全世界からアクセス可能にしています.ただし,アクセスを制限したい時は自分で設定ファイルを置けば,ページ単位でアクセス制限をおこなうことができます.


申し込み方法

このWWWサーバは教育用計算機システム(ECCS,www.ecc.u-tokyo.ac.jp)の一部なので,利用料は不要です.ただし,ECCSのアカウントを取得する必要があります.新たにアカウントを取得したい方は,上記リンク先の記事「新規アカウントの発行について」をご覧下さい.

WWWサーバへの登録の申し込みは, ecc-support at ecc.u-tokyo.ac.jp 宛の電子メールで行ってください(本人確認の手間を省くため,なるべく教育用計算機システム内のアドレスからメールを送ってください).フォーマットは特に決まっていませんが,トップページに掲載するために必要な情報である

を入れて下さい.数日中に,メールで返事が来るはずです.

一度申し込むと教育用計算機システムのアカウントがある間は登録は有効になっています(教育用計算機システムのアカウントは毎年更新手続きが必要なので忘れないで下さい).講義名を変更,追加,削除したい場合,登録を取り消す時は,ecc-support at ecc.u-tokyo.ac.jp 宛にその旨,電子メールを出してください.


利用法

WWWコンテンツの登録

ユーザ情報発信用WWWサーバ(user.ecc.u-tokyo.ac.jp)と違って,講義用WWWサーバはサーバマシンにリモートから loginすることができます.SSH2 (Secure Shell protocol 2)に準拠したソフトウェアを使えばどこからでも入ることができます.ただし,loginして入った時のホームディレクトリは,サーバ固有のもので,教育用計算機システムのホームディレクトリ,ユーザ情報発信用WWWサーバのホームディレクトリとは別のものです.

ホームディレクトリの下に,あらかじめ public_html というディレクトリが作成されていますが,このディレクトリが, http://lecture.ecc.u-tokyo.ac.jp/‾ユーザ名/ というURLで参照できます(トップページからリンクを張られているのもこのURLです).このディレクトリ以下にWWWコンテンツを転送して,他人から読み取り可能なようにパーミッションを変更すれば,WWWサーバから発信することができます.転送には ssh2 プロトコルに対応したクライアント(WinSCP, scp, sftpなど)が必要です.ftpは利用できませんので,ご注意ください.

ユーザあたりのファイル容量はいまのところ十分余裕があるので,制限していませんが,不要なファイルはなるべく置かないようにお願いします.

講義用WWWサーバ上のWWWサーバプログラムは,ユーザ情報発信用WWWサーバと同様に Apache を用いています.アクセス制限やSSI, CGIなどの標準的なApacheの機能も使うことができます.このあたりの利用法は,市販の本などを参照してください.Apacheの標準的でない拡張を使いたい場合には別途ご相談ください.

メール

講義用WWWサーバでは Postfix を動かしており,拡張アドレスの仕組みを用いることで,個人で簡単にメーリングリストを作ることができます.

ホームディレクトリの下に .forward+適当な名前 というファイルを作成して,転送先アドレスを一行に1アドレスづつ書いておくと, ユーザ名+適当な名前@lecture.ecc.u-tokyo.ac.jp 宛のメールは転送先アドレス全体に送られます.

簡単な例を示します.まず,ユーザ teacher のホームディレクトリの下に,以下のような「.forward+info」というファイルを作成します.

lecture$ cat ‾/.forward+info
teacher@XXX.u-tokyo.ac.jp
student01@YYY.u-tokyo.ac.jp
student02@ZZZ.u-tokyo.ac.jp

すると,teacher+info@lecture.ecc.u-tokyo.ac.jp というメールアドレスが有効になり,このメールアドレス宛のメールは teacher@XXX.u-tokyo.ac.jp, student01@YYY.u-tokyo.ac.jp と student02@ZZZ.u-tokyo.ac.jp 宛に転送されるようになります.teacher@lecture.ecc.u-tokyo.ac.jp 宛のメールの転送は,ホームディレクトリの下の .forward というファイルに同じように転送先アドレスを並べてください.このファイルがない時は,メールはホームディレクトリの下の Mailbox というファイルに mbox 形式で貯められます.

講義用WWWサーバのメールサービスはあくまで転送用に用意してあるものなので,届いたメールをファイルに保存した場合,直接loginしたり,pop, imap等で読む手段は用意してありません.

(2008/03/14追記: これまでの qmail + ezmlm によるメールサービスから上記の形に変更になりましたのでご了承ください)

Wiki サーバ

試験的に PukiWiki を用いた Wiki サーバを,lecture-wiki.ecc.u-tokyo.ac.jpとして運営しています.ご利用になりたい方は 使い方をご覧の上 ecc-support at ecc.u-tokyo.ac.jp までご連絡ください.


Q & A

よくある質問とそれに対する回答を並べてみます.

ログインするアカウントとパスワードは何でしょうか?
アカウントはECCSのメールアドレスのローカルパート部分であるユーザ名(ユーザ名@mail.ecc.u-tokyo.ac.jp)、パスワードは UTokyo Account のものを組み合わせてログインしてください。
ファイル転送に FTP は使えますか?
FTP は通信の際パスワードが外に漏れる可能性があるため利用できません.暗号化の機能のある SSH2 に対応したクライアントをご利用ください.Microsoft Windows なら WinSCP,Unix 系の OS には OpenSSH(scp,sftp) などのクライアントがあります.
ユーザ情報発信用WWWサーバ(user.ecc.u-tokyo.ac.jp)とどこが違うのか.講義のページをユーザ情報発信用WWWサーバに置いても良いか?
ユーザ情報発信用WWWサーバは多くの学生ユーザが登録されているサーバで,アクセスも多く,また実験的に作られたCGIのために過負荷になることがありますが,講義用 WWWサーバは比較的すいています.また,ユーザ情報発信用WWWサーバはあくまで実験という位置づけなので,障害時の対応も優先順位が低くなっています.
研究室のWWWページを講義用WWWサーバ上に置いてよいか?
研究室のWWWページなど講義と直接関係のないページを置くためには,WEB PARKをご利用下さい.
TA(Teaching Assistant)のアカウントも作成して欲しい.
原則として講義用WWWサーバは講義担当教員ご本人のみの登録としていて,TAによる講義のサポートページはユーザ情報発信用WWWサーバや教育用計算機システム外のWWWサーバ上に作ってもらっていますが,特別な事情がある場合などは相談に応じます.
コンテンツは自前のWWWサーバ上に置いているが,講義用WWWサーバのトップページからリンクだけして欲しい.
他のWWWサーバ上へのリンクが正しい状態であることを管理するにはコストがかかるので,リンク先は講義用WWWサーバ内に限っています.コンテンツ本体は他のWWWサーバ上に置いて,講義用WWWサーバの自分のページからリンクを張ることで代用してください.
CGI やカウンタを利用したい.
CGI やカウンタは利用可能ですが,個人の責任において入れてください.センターとして標準的なカウンタを用意していませんし,サポートもいたしません.また CGI を利用する場合は,システムの負荷を上げ他のユーザの迷惑とならぬよう,ご注意願います.Apache の suEXEC機能を有効にしている点にもご注意ください.
講義用WWWサーバ上のソフトウェアのバージョンを知りたい.
2010年1月26日現在,主なソフトウェアのバージョンは以下の通りです.Webサーバプログラム,Perl などは OS 標準のパッケージを利用しています.
OSCentOS 5.4
WebサーバApache 2.2.3
Perl5.8.8
PHP5.1.6
Ruby1.8.5

東京大学情報基盤センター/ 情報メディア教育部門/ 教育用計算機システム ecc-support at ecc.u-tokyo.ac.jp